嫌がらせ

対策・対処法

公文書記録の個人情報開示請求方法#警察に相談した創価学会からの嫌がらせ被害

警察に相談を行った被害者の方は、相談内容が記録された公文書の開示請求を行って下さい。公文書記録に記載されている相談内容と同じ嫌がらせを受けた時に証拠さえ取れていれば、創価学会から被害を受けていると立証する事が可能になります。また、裁判を行う際にも弁護士への提出資料や証拠として役に立ちます。
対策・対処法

創価学会被害者は警察に相談を行って下さい#相談内容が記録された公文書が役立つ

創価学会から被害に合っている方は、早めに警察へ相談に行って下さい。警察に相談を行う事により嫌がらせ被害を制止または抑制でき法律に基づいた的確なアドバイスが貰える可能性があります。 相談内容が記録された公文書と呼ばれる書類が役に立ちます。 警察に相談を行ったけど何にも解決に至らなかった方や相談に行こうと考えている方も是非とも当記事を参考に対処を行ってみて下さい。
音による嫌がらせ

音声送信は人工歯に細工(無線電波、マイクロチップ、鉱石ラジオの原理利用)されている説の場合#歯医者は創価学会員が多い

創価学会は証拠が残り難い”音”を使用した嫌がらせを主に行っています。低音の超音波を用いた騒音の嫌がらせもありますが、今回紹介するのは無線電波と人工歯を使用した音声送信についてです。”人工歯”に何か細工されているかもしれません。口の中に人口歯(義歯)はありませんか?思い当たる人がいるならこの記事を見て対処を行って下さい。
タイトルとURLをコピーしました