音声送信は人工歯に細工(無線電波、マイクロチップ、鉱石ラジオの原理利用)されている説の場合#歯医者は創価学会員が多い

音声送信,創価学会 音による嫌がらせ
Becca ClarkによるPixabayからの画像

 創価学会は証拠が残り難い”音”を使用した嫌がらせを主に行っています。低音の超音波を用いた騒音の嫌がらせもありますが、今回紹介するのは無線電波と人工歯を使用した音声送信についてです。全身麻酔手術等を受けた事がない人の場合、”人工歯”に何か細工されているかもしれません。口の中に人口歯(義歯)はありませんか?思い当たる人がいるならこの記事を見て対処を行って下さい。

音声送信は人工歯に細工説

出典:Gerd AltmannによるPixabayからの画像

 創価学会はターゲット被害者に音声送信を行っています。音声送信には無線電波、マイクロチップ、鉱石ラジオの原理を利用しています。被害者の人口歯や詰め物が音声送信の無線電波受動体となっています。人工歯や詰め物にマイクロチップ(ナノチップ)を仕掛けています。

 金属歯は無線電波アンテナの役割を果たします。特に“パラジウム合金”と呼ばれる種類の金属歯は“銅や金”を含んでおり、アンテナの役割を担い危険です。人工歯や詰め物で受信した無線電波の内容が、“骨伝導”で耳に伝わって聞こえています。

 指向性の機器で音声送信が行われている訳ではありません。皆が知っているAM/FMラジオの様な電波で音声送信を行う事が可能です。金属歯は作成する成分の割合で、金属歯が受信する無線電波の周波数を調整する事も可能です。

 2019年現在、人工歯や詰め物にマイクロチップ(ナノチップ)を埋め込む事が主流となっています。ターゲット被害者だけにしか聞こえない理由や仕組みに繋がります。全て人工歯と無線電波を利用して、音声送信や声帯音声の盗聴を行っています。

 ※被害者の方が不審な電波を検知するのは、全て義歯が創価学会の無線電波を受信しているからです。電磁波装置等は存在しません。偽被害者に騙されないで下さい。

金属歯が無線電波アンテナになるは下記、歯科医院HP様を参照

アマルガム 金銀パラジウム合金の除去 噛み合わせ治療で全身からアトピー性皮膚炎 掌せき膿胞症 頭痛 肩こり 腰痛を診る 中垣直毅

鉱石ラジオとは

出典:Vectronom StudiosによるPixabayからの画像

 鉱石ラジオは、鉱石検波器により復調(検波)を行うラジオ受信機です。特に真空管やトランジスタなどのいわゆる能動素子による増幅等を行わない無電源のラジオ(受信機)を指します。半導体エレクトロニクスの発達後は、点接触ゲルマニウムダイオードなど鉱石検波器に特性が似ており、扱いがより容易な素子なども使われています。

 電源を特に使わず、空中の電波を受信したエネルギーだけでイヤホンが鳴る点など科学実験の素材として人気です。ごくわずかな音量で聞こえてきます。

 ※本物の被害者なら小さな音量で音声送信されるのを体験した事があると思います。無電源であり、半永久的に使用出来るので証拠も残りません。

鉱石ラジオ詳細は、下記参照

鉱石ラジオ - Wikipedia

歯医者に創価学会員が多い

出典:Free-PhotosによるPixabayからの画像

 歯医者に創価学会員が多い話は全て本当です。人工歯や詰め物を無線電波受動体になる様にマイクロチップ等の細工を行い、他宗教者に埋め込む為です。歯科大学に通っている生徒も創価学会員が多く、他宗教者も在学中に創価学会に勧誘される人が多いそうです。

 創価学会に入れば開業した時にお客(創価学会員)が多く来院する様にすると確約+治療道具や材料を安く仕入れる事が出来る様な仕組みが既に構成されているので入信する人が多いのだと思われます。歯を作成している技工士も創価学会員が確実に多いです。

 特に福岡県の歯医者はほぼ全員が創価学会員だと思って間違いありません。福岡県の歯科医院やクリニック全ての電話番号が頭を捻って計算するとカルトナンバーと同じくゾロ目やゼロになります。

 ※有名なアーティストGReeeeNは創価学会員です。そして全員が歯科大学生であり、今では歯科関係者の様です。

創価学会員に人工歯で命令指示

出典:Jorge GuillenによるPixabayからの画像

 創価学会員にも無線電波を受信する人工歯が埋め込まれています。人工歯を利用して命令指示が無線電波で伝えられています。ターゲット被害者と創価学会員が取り付けられている人工歯の周波数は違う様です。

 ※創価学会員は人工歯の無線電波受動体をカンニングや盗聴等にも悪用する事が可能であり、現に行っています。ヤブ医者が存在する理由です。

音声送信が止んだ地域の実体験話

岐阜県の下呂温泉
出典:Googleより画像引用

 過去に岐阜県の山奥で音声送信が止んだ事があります。その地域は携帯やラジオの電波が圏外の地域でした。その時は創価学会側がワザと音声送信を止めたものだと思っていましたが、実際は無線電波の圏外だったからの様です。

 岐阜の山奥に向かう+周りに木々が生い茂るに従って音声送信が徐々に弱まっていった事を覚えています。目的地の岐阜下呂温泉に到着した日は完全に音声送信が止みました。

 愛知県の名古屋から追跡してきた名古屋カルトナンバー車の創価学会員達が数多くいた事を覚えています。下呂温泉で一泊した翌日に音声送信がまた始まりました。追跡してきた創価学会員達が無線電波機器を持ち込み準備して、翌日から音声送信を開始したものだと思われます。

 岐阜県下呂から移動し更に山奥に入ると音声送信がまた止みました。完全にマイクロチップを埋め込まれた人工歯が音声電波受動体となっており、無線電波が届かない木々が生い茂っている山奥に行くと音声送信が聞こえてこない理由に全て繋がります。

 ※下呂温泉を訪れたのは、真夏日であり平日のど真ん中です。お客も少数の中国人ぐらいしかいないにも関わらず、私が下呂に到着してから名古屋ナンバーの車がゾロゾロと湧いてきた事を覚えています。その人達から仄めかしの嫌がらせも受けています。

音声送信の対処方法

出典:StockSnapによるPixabayからの画像

 音声送信は、全て金属歯やマイクロチップ(ナノチップ)を埋め込まれた人工歯が無線電波の受動体となっているのが原因です。口腔内に存在する音声送信の原因となっている人工歯を全て除去してみて下さい。

 人工歯が音声送信の無線電波受動体となっている事の確証を得る為に、被害者の方は最初の歯科治療時に全ての怪しい人工歯を除去して下さい。全ての人工歯の除去を行い、音声送信や声帯音声の盗聴が止むかを確かめてからメタルフリー治療を行って下さい。金属歯からプラスチップやセラミック製の人工歯に変えても、マイクロチップが埋め込まれる場合があるので注意して下さい。

 全身麻酔の手術等を受けた事がある方は、口腔内以外にもマイクロチップ(ナノチップ)が埋め込まれている可能性が考えられます。歯医者選びには細心の注意を払い、創価学会員が経営する歯科クリニックには当たらない様にして下さい。

 被害者の方は早急に対処を行って下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました